仮想通貨

ビットコインを支えるブロックチェーンの仕組み

投稿日:

仮想通貨がなぜ信用があるのかと言う大きな理由の一つに「ブロックチェーン」と呼ばれる技術があります。

最近では大手の銀行もこのブロックチェーンを採用する動きがあるなど、広く認められている技術です。
それではこのブロックチェーンですが、どのような技術なのでしょうか。

今回はこのブロックチェーンについて紹介します。



bitFlyerで仮想通貨ビットコインデビュー!

強固なセキュリティで信頼がおけるブロックチェーンの仕組み

それではブロックチェーンとはどのような技術なのか。

例えば今銀行に100万円の預金があるとします。
通帳には100万円の残高が記載されていますが、この通帳に高機能の印刷機で残高を1億円と書き込み銀行で下ろそうとしても100万円しか下ろすことができません。

その前に、現行犯で逮捕されるでしょうね。
本物そっくりに1億円と書き込んだとしても、銀行は預金をデータで管理しているので残高はどんなに改善しても100万円しかないことを知っています。

銀行は中央サーバーで顧客の大腸を管理しており、もし、預金を改ざんするとしたら、この中央サーバーを改ざんしないといけません。
※そもそも、中央サーバーに侵入することも無理ですし、ビッグデータから自分のデータを探し出し、改ざんするのなんてかなりの技術とデータを探し出す時間が必要です。

万が一、改ざんが起きると大変なことになりますし、銀行も中央サーバーに巨額の資金をだし、維持と保守をしています。
中央サーバーが侵入されず、情報を書き換えられるといったことが起きないよう、強固なセキュリティを施しています。

ブロックチェーンは中央サーバーとは全く異なった技術「分散型台帳技術」

一方、ブロックチェーンは中央サーバーの技術とは全く異なります。
中央サーバーのセキュリティを高めると言うのではなく、顧客の台帳を、ネットワークに繋がっている不特定多数のコンピューターに分散させ、共有すると言う方法を取っています。

そのことからブロックチェーンは「分散型台帳技術」と言われています。

この技術は誰が、いつ、どんな取引をしたのか、誰がいくらのビットコインを持っているかなどが記録された通帳を、何百万人と言う人が保有している状態となります。
※保有者は匿名で、誰が保有しているかはわかりません。

先ほどのようにデータを改善したとしても、その他の人の通帳と照合すると、その通帳が改ざんされたことがすぐにわかってしまいます。
そのため、不正をするにはネットワークに繋がっている全コンピューターの情報を改ざんする必要が出てきます。

それをするには極めて困難であり、不正をするのは現実的ではありません。

銀行が顧客のデータを中央サーバーに集め、莫大なセキュリティ費用をかけて守っているのに対し、ブロックチェーンでは何百万と言うユーザーを存在させることで、ほとんどコストをかけず、現実的に不正ができない状態になるようにしています。

ブロックチェーンの技術によってコストが抑えられ手数料をやすくすることができる

銀行など、セキュリティにかけているコストは預金の金利やATMの利用料、振込手数料などにも当然、影響します。
それに対し、ビットコインでは、セキュリティに大きなコストがかからない分、送金手数料や、決済手数料をやすくすることができます。

ブロックチェーンは世界中の多くの人々が認める技術です。
日本でも、三菱東京UFJ銀行は、ブロックチェーンの技術を活用してMUFGコインを発行する構想を発表していますし、みずほ銀行も、数日かかっていた海外送金をブロックチェーンによって数秒に短縮する取り組みをしています。

このように仮想通貨に使われているブロックチェーンの技術は世界の金融のあり方も変えていこうとしているわけです。
これが、仮想通貨の信用に繋がっています。


ビットコインの取引はこちらから!

GMO-Z.comコイン株式会社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-仮想通貨

Copyright© 仮想通貨生活 , 2017 All Rights Reserved.