仮想通貨

ビットコインが通貨としての価値がある3つの理由

投稿日:

仮想通貨、ビットコインという言葉が出てきてまだ間もないですが、現在ほとんどの人は近年のニュースにもあったように「危ない」というイメージしかありません。

しかし、それは一部の取引所で起きた事件であり、ビットコイン自体が危ないというものではありません。
むしろ、インターネット上で取引される仮想通貨は「安全」と言われています。
仮想通貨のことを知ることできっと「危ない」という先入観はなくなっていくものと思います。

それではこのビットコインですが、なぜ仮想(バーチャル)なのに価値があるのでしょうか。
ビットコインは現物ではない仮想(バーチャル)のお金であり、中身はただの暗号です。

なぜ、「通貨」としての価値があるのか。
今回はビットコインの価値と仕組みについて紹介します。



bitFlyerで仮想通貨ビットコインデビュー!

ビットコインが仮想(バーチャル)なのに価値がある理由

ビットコインが通貨としての価値を持つ理由を考えるにはまず、「円」や「ドル」がなぜ価値があるのかということを考えなければいけません。

かつて、金本位制のときは、紙幣というのはあくまで金といつでも交換ができるものとして考えられてきました。
金をいつも持ち歩くのは大変ですし、盗まれたり、犯罪に合う危険性も大いにあります。

なので、金は国の金庫に預け、国民はいつでも金と交換できる「預かり証」を使っていました。

しかし、このようになると、国の金庫に入っている以上の紙幣は発行できません。
また、国の】経済力は保有する金の量に比例することになり、金の争奪が起きます。それが戦争につながったりするわけです。

ところが、世界中で産業革命が浸透し、各国の経済が発展していくと、国の経済力と金の量の比例にズレが生じてきます。
金自体、世界中で合わせても量に限りがあります。そのことで各国が経済力に見合ったゴールドを保有するのは難しくなります。

そのため、現在の通貨は金とは完全に切り離され、各国の中央銀行が経済状況に応じて発行をしています。
現状としては金と紙幣の関係性はなく、世界中の人が円やドルに価値があると信用しているから価値があるのです。

お金の価値は「信用」で成り立っている

お金はいってみるとただの「紙」です。紙の1万円を作る原価は20円ほどと言われています。
また、銀行に預けている1万円や電子マネーなどはただのデータなので、コストなんてほとんどかかっていないのが現状です。

それにもかかわらず、1万円がお金として通用するのは世界中の人が1万円の価値があると信じているからです。
お金の価値を生み出すこの「信用」は私たちが住んでいるこの国に対する「信用」です。

もし、この信用が落ちるとどうなるか。もし国の将来に不安を感じている人が増えたとすると、今まで1万円で買えていたものが1万1千円を出さないと買えなくなったりします。
これは信用によって、通貨の価値がそれだけ下がった結果となります。

たとえば、戦争に負けたり、内戦で無政府状態に陥ると国の信用が完全に失われ、その国の通貨は暴落します。
去年、ワンコインで買えた食品が、10倍も100倍以上も支払わないと買えなくなったりします。
こうなると、紙幣をいくら刷っても間に合いません。これがたまに耳にする「ハイパーインフレ」という現象です。

そして、ビットコインが信用される理由は以下となります。

①ビットコインの「信用」は誰も偽造・改変ができないこと!

ビットコインは誰も偽造・改変できないと言う信用があります。
※絶対ではないですが。

ビットコインは、中央集権的な組織を持たず、私たち全員が過去の取引記録を相互認証する仕組みがあり、誰もそれを偽造したり、過去に遡って改変したりすることができないと言うことから信用が生まれています。

逆の言い方になると、誰かが偽造や手を加えて改変できるとわかった瞬間、価値が暴落する可能性があります。
ビットコインではありませんが、他の仮想通貨では現実にそういう問題が起き、大問題となっておます。

②特定の国や企業の思惑に左右されず、オープンに運用されている

ビットコインは特定の国や企業にさゆされませんし、そこから発行されるものではありません。
つまり、誰かが勝手に大量にビットコインを発行したり、勝手に発行ペースを遅らせたりすることはできません。

世の中に出回るお金の量を意図的に増やして景気を刺激したり、意図的に絞って過熱気味の景気を抑えたりする金融対策は各国で行われていますが、ビットコインには中央銀行が存在しないので流通量をコントロールすると言う発想がありません。

なのでどこかの国や企業の思惑によって左右されず、安定的に流通量が増えていきます。
また、ビットコインはルールがオープンに共有されていることも、みんなが信用している理由の一つです。

③ビットコインにはあらかじめ上限が決められている

ビットコインはあらかじめ総量が決められています。
仮想通貨はデジタルデータなので無限に増やすことができそうですが、ビットコインはあらかじめ上限が決まっていて、2100万枚発行された時点で打ち止めになります。

計算上では2141年に全てのビットコインが掘りつくされる予定です。

もともと欣也銀などの希少な金属が通貨の役割を果たしてきたのは量が限られていたからです。
ビットコインも上限が決まって、量が限られているからこそ、価値が認められています。

ビットコインは金とよく似た資産です。
上限が決められているので希少価値が高いし、時間がたつほど採掘するのが難しくなるように設計されています。

ぜひ、興味が湧いた方は一度ビットコインを買ってみてはいかがでしょうか。


ビットコインの取引はこちらから!

GMO-Z.comコイン株式会社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-仮想通貨

Copyright© 仮想通貨生活 , 2017 All Rights Reserved.