仮想通貨

ビットコインの3つの技術的問題

投稿日:

今、人気が上昇し続けているビットコインですが、このビットコインにも技術的な課題がいくつかあります。

それは、取引が完了するまでの時間を短縮できないのか、即決決済ができないのかということ。
二つ目は取引量の増加に伴うブロックデータを圧縮できないのかということ。
三つ目はマイニングの難易度が上がり通づけてペイできなくなるのではないのかと言う問題です。

今回はビットコインの技術的な問題について調べてみました。



bitFlyerで仮想通貨ビットコインデビュー!

ビットコインの技術的な問題についての取り組み

ビットコインには、まだまだ技術的な問題があり、現在でもそれに向けた取り組みを行なっています。
数年後はこの問題も解消されて、今よりもビットコインに対する信用を大きくなっていくと考えられます。

ビットコインの即決決済を可能にするための取り組み

ビットコインに限らず、仮想通貨では、取引が完了するまでに時間がかかり、即決決済できないのは、中央にサーバーを持たず、P2Pネットワークで相互承認すると言うブロックチェーンの基本設計に関わるので仕方ない面もあります。

仮想通貨のそもそもの設計思想は中央にサーバーを置かず、分散して相互に承認し合うP2P型ネットワークシステムの方が、コストが低くできことです。
しかし、現在はビットコインの採掘が進み、マイニングの難易度が上がってくるとレースに参加するためのマシンスペックも電気代もどんどん上がり続けます。

また、過去の取引記録のブロックチェーンが大きくなり、膨大なデータをやり取りするための通信コストも誰かが負担していることになるため、一箇所で集中処理をした方が良いのではないかと言う議論も出ています。

ブロックの認証は約10分ごとに切り替わるかぎを世界中のマイナーたちが一斉に計算して、一番最初に見つけた人がビットコインをもらえるわけです。
複数の人が認証すれば、そのブロックは認証され、取引成功となります。

ビットコインの取引に時間がかかる理由はみんなで認証作業をしているからです。

マイニングの作業自体は10分ごとに切り替わるかぎを見つけるためにランダムに現れる数字をしらみつぶしに調べているだけです。
しかも、その設備投資や電気代を考えると大変な作業を延々としているともいえます。

そこで承認されるまでおよそ10分かかると言う時間制限をなんとか暖和できないかと考える人たちも出てきています。

検証なしに即時認証する「サイドチェーン」

一つ一つの取引が正しい取引かどうかを検証しなければいけないのはビットコインを取引する人が誰だかわからないからです。

中には不正な取引をする人が紛れている可能性もあります。
不正な取引を防ぐために検証作業が必要ですが、初めから信頼できる人同士の取引だとわかっていれば、検証しなくてもいいのではないかと言う発想で、実績のある取引所だけを結び、その間の取引については検証なしに即時承認する「サイドチェーン」を運用する会社が出てきています。

実績のある取引所で講座を持っている人たちは、すでに本人確認も済んでいるので信頼できると言う理由です。
しかし、サイドチェーンは多くの取引所が加入すれば、他の取引所にもメリットが出るため、初期の加入取引所を巻き込むことが大きな障害となっています。

データサイズを小さくするためのセグウィットと呼ばれる解決策

増え続けるブロックのデータ量を圧縮できないかという課題についてです。
ブロックチェーンは過去の全ての取引記録(トランザクション)が記された「分散型取引台帳」です。

10分ごとに数百から数千のトランザクションを一つのブロックにまとめそれを承認してチェーンの最後尾追加していきます。

しかし、ビットコインの取引量が増え、トランザクションをまとめた個々のブロックが重くなっていくと、それをチェックするのにも時間がかかります。
このブロックを軽くするために、当初からブロック一つあたりのサイズは上限が1MBと決まっていましたが、ビットコインの取引が活発になるにつれて、将来的に1MBでは収まりきれなくなると心配されていました。

一つ一つのブロックには数百から数千のトランザクションと、それぞれのトランザクションが正しいと確認するための電子署名が含まれます。
しかも、過去のやり取りの署名も毎回くっついてくるのでデータが非常に重くなってしまいます。

そこで、一つ一つのブロックに書き込まれるデータサイズを小さくするために、トランザクションの部分と、電子署名の部分を分けるセグウィットと呼ばれる解決策が実装されました。
これによって一つのブロックに格納できるトランザクションの数が増えたのです。

クラウドマイニング

マイニング競争に参加する人たちは、ハイスペックなマシン環境を整備するために、かなりの資金が必要になります。
さらに競争が激しくなり、自分たちの資金だけではまかないきれなくなてきたため、世界中の人たちからオンラインで資金を募る「クラウドマイニング」も盛んになってきています。

これはあるプロジェクトやアイデアを実現するために、広く一般の人たちから資金を集めるクラウドファンディングの仮想通貨版で、数万円を提供してくれた人には、毎日少しずつ、掘り当てた仮想通貨を送っていきます。

これで、貯金のような感覚で仮想通貨が溜まっていきますので、自分でマイニングレースに参加しない人でも楽しめます。

しかし、クラウドマイニングでお金を集めても、レースに勝てると言う保証はありません。
そもそも、集めたお金でマシンに投資し、レースに参加しているのかもわからないケースもあります。

こうしたサービスを利用するときは、あくまで自己責任で行ってください。

クラウドマイニングではすでに上限の何割かを超えているので、ビットコインでサービスを利用するよりも、イーサリアムなどの新しい仮想通貨のマイニングが中心になっており、おすすめです。


ビットコインの取引はこちらから!

GMO-Z.comコイン株式会社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-仮想通貨

Copyright© 仮想通貨生活 , 2017 All Rights Reserved.