日本発祥の仮想通貨「モナコイン」は「投げ銭」が魅力で価値が必ず上がる!

モナコインは日本初のアルトコインで、当初はライトコインと同じような性質をもったアルトコインでした。
ライトコインについては以下の記事を参考にしてください。
[kanren postid=535 ]

モナコインはその後、ここから独立の進化を遂げ、取引処理はライトコインよりも早い90秒という速さを実現しています。
※ライトコインの取引処理は150秒

そして、2017年10月より国内の大手取引所bitFlyerに上場し、当時の史上最高値を更新しました。

モナコインの詳細な記事はこちらから!
[kanren postid=482 ]

今回はモナコインの魅力である「投げ銭」や詳細について紹介します。

日本発祥のモナコインは将来有望!「投げ銭」で価値を上げよう!

モナコインはライトコインをベースに作られた、日本初の仮想通貨、アルトコインです。
仮想通貨としては世界で初めて、送金スピードを上げるアップデートを実装するなど、技術力が非常に高い所が特徴です。

また、ビットコインとも取引所を介さずに両替できるようになったところなども特徴と一つと言えます。

日本ではビットコインに次ぎ、実際に通貨として使える店舗やサービスの種類が多く、オンラインショップではフリーマーケットのように出品もすることが可能です。

モナコインで投げ銭!「Tipmona」

モナコインの大きな魅力の一つと言えるのが「投げ銭」です。
これは、Twitterを通じてリアルタイムで他社へチップを送ることができます。

0.01monaから投げ銭ができ、サービスへのちょっとしたお礼や応援のために使えます。

また、Twitter以外にもポータルサイト「Monappy」に投稿されたイラストや文章にチップを遅れたり、2ちゃんねる風の掲示板サイト「Ask Mona」にも投げ銭ができます。

モナコインは日本ではマイナーだがリスク分散には優れている

モナコインは日本では人気があり、日本円での取引が多いですが、海外での知名度はまだ低いのが現状です。
しかし、それだけにほかの仮想通貨に比べてビットコインの値動きから受ける影響が低い所が特徴でリスクは少なくなっています。

モナコインの時価総額

モナコインは今ン気がどんどん出てきてこれからは、かなり主要なアルトコインになるのではないかと思います。
以下はモナコインのステータスとなるので参考にしてください。

モナコインのステータス
表記mona
Weiss Ratings評価
使用開始日2014年1月1日
総発行量5764万
時価総額358億3061万円
最高値2300円(2017年12月7日)

モナコインは「投げ銭」などのお遊び感覚のなところ、またSNSを通じたコミュニケーション通貨の一つとしてもこれから期待ができ将来性があるコインだと思います。

興味がある方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。
モナコインはbitFlyerで購入できるので興味がある方はこちらへどうぞ。

それでは!