GMOコインはチャートの動きの速さと信用取引のスプレッドが安い!オススメの取引所!

仮想通貨取引所を選ぶ際におすすめしたい取引所の一つである「GMOコイン」は取り扱い通貨は販売所形式のみとなっています。
メリットは同じようなDMMビットコインに比べると、信用取引のスプレッドが比較的安い点です。

しかし、2017年末の相場が急上昇したときには購入規制がかかったり、2018年1月、2月の相場が急落したときには逆に売り規制がかかったりとユーザに不利な動きを強制させるような事件が度々発生しているところが気がかりです。

今回はGMOコインについて紹介します。

GMOコインはチャート表示が早いが販売所方式のみ!

GMOコインは通貨の取引はできるものの、全て販売所形式となります。
手数料が無料といっていますが、売買価格のスプレッドが大きく、10%近く価格が開いている場合も珍しくありません。
相場が右肩上がりであった2017年ならともかく、今の相場で利益を出すのは難しいとされています。

GMOコインは仮想通貨の入出金はできますが、購入・売却いずれの場合にせよ、価格面で不利になってしまいます。
他の取引所から写してわざわざGMOコインで取引をする必要はあまりないかもしれません。

主な取り扱い通貨と手数料

GMOコインはチャートの動きが早いところが特徴です。
他の取引所の動きを察しやすく、信用取引のスプレッドが比較的安いです。

また、GMOコインの各手数料と取り扱い通貨は以下となります。

GMOコインの手数料と取り扱い通貨
現物取引
信用取引
BTC送金0.0008BTC
出金無料
取り扱い仮想通貨ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCT)
リップル(XRP)
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)

GMOコインのセキュリティ

GMOコインのセキュリティは携帯のSMSの使用した2段階認証など、セキュリティ面では対策できているものの、改善するところは多いのが現状です。

まとめ

GMOコインはチャートの動きが早く、他の鳥h貴女の動きを察知する際には利用しやすいところが一番のメリットです。

GMOに登録だけをして、チャートを確認するためだけに利用するという手もありかもしれません。
わざわざ、GMOコインで取引をしなくてもうまく使えるものは使うというやり方をすることでスムーズに仮想通貨の取引ができると思います。

取引所の使い方は、ただ仮想通貨の取引のみに使うためではなく、その取引所にあったツールなどをうまく活用するのも手だと思います。
ぜひ、チャートの動きを早く見たい方はGMOコインを利用して見てはいかがでしょうか。