【仮想通貨】販売所形式と板取引形式の違いとそれぞれのメリットデメリット

仮想通貨を取り扱う取引所は日本国内には多く存在します。
仮想通貨を売買するには、まず取引所の口座を作る必要があります。

取引所は多くありますが、どの仮想通貨取引所を選べばいいのかわからないという方は、この記事を参考にしてください。
[kanren postid=723 ]

また、口座を作ったあとに取引を実際にしますが、よく販売所形式と板取引形式と言った言葉を耳にしませんか?
今回は販売所形式と板取引形式の違いとそれぞれのメリット・デメリットをまとめましたので紹介します。

仮想通貨の取引をするには知っておこう!販売所形式と板取引形式の違い

仮想通貨取引所では仮想通貨を日本円で売買することができます。
国内取引所では主に2つの販売方法があります。

それは、「販売所形式」と「板取引形式」です。

「販売所形式」はユーザーが取引所に対して売買を行います。
取引所は購入価格と売却価格のそれぞれに価格差(スプレッド)を設けており、それにより利益を得ています。

「板取引形式」は株式市場のように取引所は仲介役となり、ユーザー間での取引を行う役目を果たします。

どちらの取引が良いかはユーザーの利用方法によりますが、まずは口座を作らないと何も始まらないので口座を作ることが先決ですね。
ちなみに取引所の口座は最低2~3つの取引所を登録することをおすすめします。

その理由も上記の紹介した記事に書いているので参考にしてくださいね。

それでは「販売所形式」と「板取引形式」のそれぞれの詳細について以下で説明しますね。

販売所形式は取引所と直接取引するスタイル

販売所形式では取引所と直接購入・売却を行います。
これに対しての手数料はかかりませんが、購入時は高く、売却時は安く価格が設定されており、それを動かすことはできません。

この価格差をスプレッドと言います。

値段は相場に沿って変動していきますが、スプレッド以上の変動がなければ利益が出ないため、ユーザーはそれだけのハンデを負って売却することになります。

販売所形式のメリット・デメリットに関しては以下となります。

販売所形式のメリット・デメリット
メリットデメリット
好きなタイミングで購入ができる
購入金額を自分で決められる
購入価格・売却価格に差があるため大きな価格上昇がないと利益が出ない
下げ相場で利益を出すことができない

板取引はユーザー間での取引が行われるスタイル

板取引はユーザー間で購入・売却が行われます。
同じ時間であれば購入・売却価格に差がないので、少しの価格差でも利益が生まれる可能性があります。

また、ユーザー間での取引なので、チャートの分析などが重要となります。
さらに、仮想通貨の暴落時などは急激に価格が下がり、売りたい価格ですぐに売れないといったことを引き起こすデメリットも存在します。

板取引形式のメリットデメリットに関しては以下となります。

板取引形式のメリット・デメリット
メリットデメリット
手数料が安い、または無料なので細かく売買が可能
チャートの動きを読んで売買ができる
信用取引で「空売り」が可能
指値注文で価格を間違えると注文が入らないことがある
成行注文だと想定よりも価格が離れることがある

まとめ

以上が、販売所形式と板取引形式の違いとそれぞれのメリット・デメリットでした。
摂れぞれの取引には良い所、悪い所がありますが、自分のやりやすい取引をすることが一番いいです。

仮想通貨の取引をする際は、まずは取引所に登録し、そこで口座を開いてからがスタートとなりますので、口座を開いて仮想通貨の取引をするようにしましょう!