【マルチシグ対応している仮想通貨取引所まとめ】採用していないCoincheckは不正アクセスされました。

不正アクセスされ580億円の被害を出したコインチェック(Coincheck)ですが、同社はセキュリティはしっかりしていたと言いますが、実はマルチシグをしていないという事がわかりました。

マルチシグとは秘密鍵暗号方式において秘密鍵が2つ以上あることあることを言います。
今回、コインチェックの不正主筋問題ではこのマルチシグがキーワードとなり、今注目されています。

今回、コインチェックはこのマルチシグ非対応だったという事で、この秘密鍵が第3者の手に渡ったのか、不正にアクセスされ盗まれたのかはわかりませんが、マルチシグ化されていないたった1つの秘密鍵をりようされて不正に出勤されました。

では、今後はどの仮想通貨取引所で取引をすればいいのって、迷ってしまいますよね。
そんな方のために、マルチシグの対応をしているセキュリティ面においてしっかりしている仮想通貨取引所を紹介します。

マルチシグに対応している仮想通貨取引所まとめ

今回、このマルチシグが注目されている中で、いったいマルチシグの何がいいのかっていう話になります。
もちろん、セキュリティー面の向上は大きなメリットですが、そのほかにどの様なメリットがあるかと言うと、パスワード紛失の保険になったり、詐欺にもマルチシグを使うことで防げることができます。

マルチシグの構造は秘密鍵を3つに分散し、3つの秘密鍵のうち2つを自分で保有、1つを取引所に預けます。
通常は自分が管理している2つの秘密鍵を使って、アクセス、送金ができます。

そして、取引所は秘密鍵を一つしかもっていないので自分のビットコインを勝手に送金したりすることはできません。

マルチシグはセキュリティーを向上するだけではなく、一つの秘密鍵ではできないようなことを可能にしてくれます。

秘密鍵については以下でも記事を書いているので参考にしてください。
仮想通貨ビットコインの「公開鍵暗号」と「電子署名」という技術

それでは、このマルチシグを提供している取引所を紹介します。

bitFlyer

bitFlyerはCMでもよみ見る大手の仮想通貨取引所です。

大手金融機関より強度の高い暗号化通信を採用しており、完全マルチシグ対応、最高レベルのセキュリティを提供しています。

仮想通貨取引所「bitFlyer」の特徴とおすすめの取扱い通貨

QUOINEX

QUOINEXは世界最大級の仮想通貨取引所で、金融庁登録の仮想通貨交換事業者の第1号としても認識されています。

セキュリティ面では、顧客資産の分別管理とコールドウォレットのマルチシグ化を採用しています。

仮想通貨取引所「QUOINEX」の特徴とおすすめの取扱い通貨

bitbank

ビットバンク(bitbank)は世界水準の高機能なチャートを持っており、100を超えるテクニカル分析が使える「TradingView」を採用しています。
セキュリティ面ではシステムを複数層に渡って外部から遮断し、内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築しています。

仮想通貨取引所「bitbank」の特徴とおすすめの取扱い通貨

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループの仮想通貨取引所で、オンライン金融サービスの経験と知識を生かし、顧客に安心できるサービスを提供しているところが特徴です。

セキュリティ面では顧客資産の分別管理をし、コールドウォレットのマルチシグ化を採用しています。

仮想通貨取引所「GMOコイン」の特徴とおすすめの取扱い通貨

BitTrade

ビットトレード(BitTrade)はFXトレード・フィナンシャル(FXTF)のグループ会社が運営する取引所で、こちらも高機能チャート「TradeView」を実装しているためテクニカル分析派には使いやすいツールを提供しています。

セキュリティ面ではウォレットのマルチシグ化をしており、ビットコインセキュリティ専門企業のBitGOと提携しているところが特徴です。

仮想通貨取引所「BitTrade」の特徴とおすすめの取扱い通貨

以上がマルチシグを採用している仮想通貨取引所となります。
今後はしっかりとセキュリティを考慮し、仮想通貨取引所を選ぶことが重要ですね!