仮想通貨【Ethereum(イーサリアム)】の特徴と価格と取り扱い取引所まとめ

イーサリアム(Ethereum)はブロックチェーンに「スマートコントラクト」と呼ばれる契約情報を記録できるのが特徴です。

イーサリアムの活用に取り組む企業連合にはマイクロソフトやトヨタ自動車が参入しています。
さらに仮想通貨取引所「BITPoint」を運営するリミックスポイントが2017年8月にイーサリアムの決済システムを国内の小売店や飲食店へ導入することを発表しています。

2017年内に5万店舗の導入を目指すようです。

仮想通貨Ethereum(イーサリアム)の特徴と取り扱い取引所

イーサリアム(Ethereum)は、現在1000種類以上もある仮想通貨の中で、時価総額はビットコインについで第2位となっています。

イーサリアムもビットコイン同様にブロックチェーンの暗号技術を利用していますが、ビットコインよりもさらに機能を拡張させているのが特徴です。
ビットコインとの違いはいくつもありますが、大きな違いとしては「スマートコントラクト」という技術を利用している点が挙げられます。

このスマートコントラクトには取引で行われる契約を自動的に「実行」と「保存」をするという機能があります。
スマートコントラクトを使うと、誰にいつ送金するといった契約内容が自動的に実行されます。

契約が実行されると、その内容はネットワーク上に保存されます。
ビットコインはブロックチェーン上で全ての取引記録を管理していますが、イーサリアムは取引を行うと同時に、契約内容まで管理することができます。

イーサリアムは「チューリング完全」というプログラミングで応用が可能なプラットホームを目指しています。

チューリング完全とは、簡単に説明すると、「なんでもできるプログラミング」ということです。
応用が限定されているビットコインとは逆の性質を持っているのが特徴です。

そのため、イーサリアムは「世界のコンピューター」とも言われています。

Ethereum(イーサリアム)の基本情報

イーサリアムの基本情報は以下となります。

イーサリアムの基本情報
通貨単位ETH
発行上限なし
既発行量9,582万5,653ETH
発行年月日2015年7月

Ethereum(イーサリアム)の価格情報

イーサリアムの価格情報は以下となります。

イーサリアムの価格情報
2017年最高値4万8,302円
2017年最安値1,153.8円
2017年初からの騰落率3,226.71%
時価総額3兆8,796億5,380万円

Ethereum(イーサリアム)の取り扱い仮想通貨取引所

イーサリアムの取扱い仮想通貨取引所
取引所参照記事
コインチェック仮想通貨取引所「Coincheck」の特徴とおすすめの取扱い通貨
bitFlyer仮想通貨取引所「bitFlyer」の特徴とおすすめの取扱い通貨
BITPOINT仮想通貨取引所「BITPoint」の特徴とおすすめの取扱い通貨
ビットバンク(bitbank)仮想通貨取引所「bitbank」の特徴とおすすめの取扱い通貨
Zaif仮想通貨取引所「Zaif」の特徴とおすすめの取扱い通貨
BTCBOX仮想通貨取引所「BTCBOX」の特徴とおすすめの取扱い通貨
QUOINEX仮想通貨取引所「QUOINEX」の特徴とおすすめの取扱い通貨
みんなのBitcoin仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」の特徴とおすすめの取扱い通貨
GMOコイン仮想通貨取引所「GMOコイン」の特徴とおすすめの取扱い通貨
ビットトレード(BitTrade)仮想通貨取引所「BitTrade」の特徴とおすすめの取扱い通貨

イーサリアムのアプリ「仮想子猫(クリプトキティーズ)」で人気爆発

イーサリアムのアプリで「仮想子猫(クリプトキティーズ)」と言われる猫のイラストを集めるゲームが人気です。
実際にお金で取引ができ、1,000万円以上の値をつけた仮想通貨もいます。

「仮想ゲノム」と呼ばれる遺伝情報としてイーサリアムじょうでプログラムされ、40億種類の猫を育成できます。
立ち上げ以来、イーサリアム上で2番目に人気のアプリで、全体の4%の取引量を占めます。

ぜひ興味があれば遊んでみて下さい!

以上、仮想通貨イーサリアムの特徴と取扱い取引所の紹介でした。
これからイーサリアムの購入を考えている方は参考にしてください!