仮想通貨のICOのメリットとデメリット!誰でも参加できるのか?

今、ICOへの参加を検討されている方はいませんか?
資金さえあれば、ICOへの参加はできますし、もし当たれば大儲けできる可能性があるのがICOです。

仮想通貨をはじめるとよく耳にするようになる「ICO」ですが、このICOとは日本語で、「新規仮想通貨公開」と呼ばれる、仮想通貨を発行して、それを買ってもらい、事業を立ち上げるために資金にする仕組みのことです。

将来有望なコインを事前に投資し、多く買うことによって、そのコインの価値が上がった際は大儲けできるかもしれません。
しかし、仮想通貨はまだまだ発展途上であり、ICOのホワイトペーパーを出しているところはあるものの、その事業が途中で中断されたり、お金を持ち逃げされるということが多々あります。

今回はICOのメリットデメリットについて紹介します。

前回もICOの記事を書いているので参考にしてください。
[kanren postid=562 ]

【仮想通貨】ICOのメリットとデメリット

ICOは仮想通貨を発行し、それを購入してもらい、発行者は事業を立ち上げるための資金にする仕組みですが、企業が新規株を発行して資金を集めるのと同様に、株の代わりに仮想通貨のトークンを発行します。

また、ICOは資金さえあれば誰でも参加することは可能です。
トークンの多くはイーサリアムのシステムを利用して作られているので、参加する時は日本の取引所でイーサリアムを購入し、参加したいICOに送金します。
これでトークンを購入することが出来ます。

ただし、なんども言いますが、ICOの中でも先は多いので事前にリサーチすることは大切です。

ICOのメリット

ICOに投資する際のメリットとしては出資して手に入れたトークンをそのまま通貨として使用できる店です。

サービスやプロダクトが成功すればトークンの価格は上がり、売却益を得ることが出来ます。
また、ICOの中には株式優待の様なサービスを受けられることもあります。

ICOのデメリット

ICOに対するデメリットは、資金を持ち逃げされたり事業を中断されたりして、トークンが無価値になる場合があります。

受けとれる情報が不十分なので、成功するかどうかが不確かです。
ICOの中にはホワイトペーパーを作成ししっかりしているものもありますが、やはり中にはそのまま消えていくICOがあとを立たないようです。

[kanren postid=568 ]

まとめ

ICOは、どちらかというとかなりギャンブル要素が高いと思います。
将来有望なコインに投資し、トークンをもらうことで、それが将来的に大きな価値となって戻ってくるかは事業を建てた人にしかわかりませんし、なかなか情報もないのが現状です。

ICOの情報を見れるホワイトペーパーはほとんど英語ですが、中には日本語のホワイトペーパーも多くなって来ています。
ホワイトペーパーが読める人、英語に強い方で自信のある方はぜひICOに参入してみてはいかがでしょうか。

うまくいったら、コインが何倍もの価値になって返ってくるかもしれませんよ!