Googleが仮想通貨の広告を禁止した理由は近々大きな事件が起こるから!?専門ブログはなくなる可能性も

Googleは2018年6月1日より仮想通貨の広告を禁止することにしました。
これは仮想通貨のブログやサイトを展開しているユーザーにとってはかなり痛手になりました。

もちろん、このブログでも仮想通貨の広告、アドセンスが表示されなくなりますが、ほとんど流入はないのであまり痛手にはならないかとw

しかし、この仮想通貨広告の禁止により、Googleにかなりの避難が殺到しているようです。
今回、このGoogleの仮想通貨広告の禁止より前に「Facebook」でも仮想通貨の広告配信が禁止になりました。

なぜ、FacebookにつづいてGoogleも仮想通貨の広告を禁止にしたのでしょうか。
今回はGoogeleの仮想通貨広告を禁止にした理由を考えてみます。

Googleが仮想通貨の広告を禁止した理由は将来危険なことが起こる前兆!?

今回、なぜGoogleは仮想通貨の広告を禁止にしたのでしょうか。
その理由は「膨大な悪質広告」が原因とされています。

2017年に仮想通貨に関する悪質広告は32億件にも上っており、Googleはそのすべてを削除したとされています。
そして今回、仮想通貨の広告の禁止となったわけですが、要はブチ切れたんでしょうねw

たしかに、たった一年の間に32億件もの広告を削除するって相当なもの。
それだけで一日の仕事が終わっちゃいますよね。

また、Googleが禁止する広告は以下となります。

  • バイナリーオプションとその類似製品の禁止
  • 仮想通貨関連全般の禁止(ICO、仮想通貨取引所、仮想通貨ウォレット…etc…)

すでにFacebook、ツイッターも仮想通貨の広告を禁止に

既にFacebookは仮想通貨関連の広告を禁止しており、同じくツイッターでも広告の禁止措置を実施しています。

やはり、これから来るかもしれない仮想通貨で一儲けしようとしている人たちの一方で、悪徳業者的な方たちもいたのでしょうね。
人は億万長者になれる可能性があればだれでもその波に乗りたいものです。

やっぱり、そういうところには悪い人たちも一緒になってくるわけですよね。

しかし、今回、仮想通貨の広告を禁止したツイッターですが、CEOはビットコインは2028年には世界の単一通貨になっているだろうと予測しています。

仮想通貨の専用ブログやサイトは今後なくなっていくかも

今回の仮想通貨の広告禁止でこれまでGoogleアドセンスで収益を得てきたブロガーにとってはかなりの痛手になるでしょう。
中にはやる気がなくなって、ブログを更新しなくなったり、サイトの閉鎖をする方も出てくるのではないかと思います。

特に、仮想通貨の特化ブログを始めた方にとってはやる気が全くなくなるニュースですよね。

もしかすると仮想通貨に何かが起きる予感。。。

今回の件で私が思ったことですが、急にGoogleや大手SNSが仮想通貨の広告を禁止にしてしまう理由は、悪質広告以外にあるのではないかと思っているんです。

もしかすると近いうち、もしくは今年の終わりくらいに大きな仮想通貨の大事件が起こるかもと。。。

もし、そんな大事件が起きた際、これまで仮想通貨の広告を配信してきたGoogleやFacebook、ツイッターなどの企業を相手に訴えを起こしてくる輩が出てくることを予測しているのではないでしょうか。
あくまで推測ですが、そのような兆候などを知った上で今回の仮想通貨の広告を事前に禁止したのかもしれません。

何か起きた後でも、こちらは事前に禁止措置をしていましたって言っておくと問題ないですもんね。

何かこれから大きなことが起きる???かもしれない仮想通貨の世界ですが、まぁ私はぼちぼち趣味として、記事を配信していこうかなと思っておりますw