仮想通貨のセキュリティ強化!4つのウォレットのメリットとデメリット

仮想通貨で投資を始める前に必要となるのがウォレットです。
仮想通貨、ビットコインはデジタルデータなので財布や金庫にしまっておくことができません。

そこで各取引所などで用意されている「ウォレット(財布)」に個人データを入れて管理する必要があります。
ウォレットはよく取引所と混同されることがありますが、取引所は仮想通貨を「売り・買い」するところで、一時的に仮想通貨を預ける機能を持っているにすぎません。

仮想通貨の保管や送金、決済などはウォレットから行います。

仮想通貨はウォレットに保存!4つのウォレットのメリットとデメリット

ウォレットには4つのタイプがあり、それぞれに特徴があります。
仮想通貨を初めてするという初心者の方には、まずは「オンラインウォレット」がおすすめで、まずはスマートフォンアプリから試してみるといいでしょう。

取引所を先に決めた場合は、使えるウォレットアプリがある程度決まってしまうことがあるので、その点は注意するようにしましょう

今回はこのオンラインウォレットの他にも、「ローカルウォレット」、「ハードウォレット」、「ペーパーウォレット」が存在します。
それぞれのウォレットはそれぞれのセキュリティ、使いやすさなどがあるので、今後のウォレット選びに使ってください。

取引所のウォレット申請をする際の詳細は以下の記事を参考にしてください。
[kanren postid=167 ]

オンラインウォレット

オンラインウォレットはインターネットを利用して通信するウォレットです。
また、このオンライウォレットはウェブウォレット(Webサービス)とモバイルウォレット(アプリ)があります。

オンラインウォレットのメリットデメリットは以下となります。

メリット

  • いつでも簡単にウォレットを確認できる
  • 決済が楽に行える
  • 導入しやすい

デメリット

  • 常にインターネットに繋がっている状態となるので、スマホアプリのウォレットなどはパケット消費をする可能性がある
  • セキュリティレベルはWebサービスやアプリに依存する
  • ローカルウォレット

    ローカルウォレットはオフラインウォレットとも言われ、自分のパソコンにインストールしてローカル環境で使用します。

    ローカルウォレットのメリット、デメリットは以下となります。

    メリット

    • 手軽に使用できる
    • オンライン型よりセキュリティが高い

    デメリット

    • インストールや初期設定が、面倒なことがある
    • パソコンの故障やウィルス感染などに弱く、パソコンが壊れてしまうと利用できなくなる

    ハードウォレット

    ハードウォレットは、別の外部端末に仮想通貨を保存するオフライン環境で使用できるものです。
    ハードウォレットをする際は、この外部端末を別途購入することが必要となるので頭に入れておいてください。

    ハードウォレットのメリット・デメリットは以下となります。

    メリット

    • セキュリティが強固
    • パソコンやスマホとの連携が可能

    デメリット

    • 取り扱いが困難なところがある
    • 故障や紛失のリスクが高い(復旧は可能)
    • 本体が高額

    ペーパーウォレット

    ペーパーウォレットはプログラムで生成したアドレスと秘密鍵を印刷することにより、かみで保管する方法です。
    長期保管の際に使われます。

    ペーパーウォレットのメリット、デメリットは以下となります。

    メリット

    • 長期保管に便利
    • 保管が簡単

    デメリット

    • 作成プログラムがハッキングされることがある
    • 紙やインクが劣化する
    • 頻繁な使用には向かない

    この他にもホットウォレットとコールドウォレットのことも紹介していますので、以下の記事を参考にしてください。
    [kanren postid=554 ]

    今回は4つのウォレットについて紹介しました。
    ぜひ、仮想通貨をしている方でウォレット選びに悩んでいる方は、この記事を参考にしてくださいね。