図でわかる!仮想通貨初心者で成功するためのチャートの見極め方とおすすめ取引所

FXなどをしている方にはよく見るものがローソク足です。
ローソク足は仮想通貨の値動きを分析することができるツールの一つです。

このローソク足は比較的多くの取引所のチャートとして採用されています。
株価のチャートなどではおなじみのものですが、仮想通貨を初めて、投資も初めてチャレンジする人にとっては、このローソク足の見方についてはわからない人が多いと思います。

今回は初心者の方のためにローソク足の基本的な見方をまとめたので紹介しますね。

仮想通貨の相場の基本はローソク足の見方を知ること!

ローソク足は始値、終値、高値、安値の4点を太い線と細い線で表したものです。
このローソク足は江戸時代のコメ取引で使われたのが始まりで日本が発症ですが、今では世界中で使われているツールとなります。

株投資の場合は、ローソク足でその後の動きをある程度読んだりすることもできますが、仮想通貨の場合、株式市場とは異なり、値動きが非常に激しいです。
そのため株価と同じような見極め方はできませんし、動くときは一気に動くため、上昇、下降のサインは参考程度にしておくようにしましょう。

しかし、上昇や下降トレンドからの転換のサインとしては十分使えます。

また、このほかにも出来高やトレンドラインなど、動きを予測するためのポイントはいくつかあるので是非確認しておきましょう。
チャートだけでも儲けるためのヒントは多く隠されており、チャートが細かい取引所を利用するというのも一つの取引所の選び方でもありますね。

ローソク足の見方と用語

ローソク足によるチャートからは分析することが様々なサインを読み取ることができます。
ローソク足は細い線と太い線それと2種類の色によって作られています。

上昇を表すものが陽線、下降を表すものは陰線といいます。

チャートや取引所によって色はまちまちなので、特に決められていろと言うものは存在しません。
また、取引所によってはローソク足じゃないチャートもあるので気を付けましょうね。

ローソク足でわかる「上昇のサイン」と「下降のサイン」

1本のローソク足からでも様々なサインを読み取ることができます。
以下のようなローソク足は特に有名なものとなります。

しかし、取引所によっては取引が活発でないため、実態と異なるローソク足になることがあるので注意しましょう。

「出来高」をチェックすることで売買の活発さが見えてくる!

チャートの下についている棒グラフが出来高です。
出来高とはその時間帯の取引量を表します。

ここが高ければ活発に取引がされているという事を示します。
ここの見極めはとても重要で、たとえ、相場の変動が少なくても、活発に取引されていれば、その後どちらかに大きく傾く可能性がありますし、どの程度買いや売りが入っているかも一目瞭然となります。

出来高を確認することができる取引所・チャート

出来高を確認するところは多くありますが、海外取引所のBinanceやビットバンクなどが出来高が見やすいです。
ビットバンクでは「Trading View」と言うチャートが使われています。

bitFlyer Lightningでもバックが黒で見やすさもあります。どの取引所のツールを利用するかは自分の使い方次第ですね。

トレンドを把握して全体の動きをつかむ

仮想通貨では大きな相場の流れをよく読むことが大切です。

仮想通貨でもFXのように相場のトレンドが存在します。
相場のトレンドとは、相場の流れのことを刺します。
短期的な上昇・下降とは別に大きな流れがあるので、この流れを意識すれば、全体の動きを読めるようになり取引もうまくいくようになっていきます。

ビットコインの相場の場合、おおよそ数時間~最大で24時間程度の長さでトレンドを形成していく傾向にあります。

相場は必ず、上がったり下がったりを繰り返しながら動いていくので、全体の動きを見極めれば、トレンドがつかめるようになりますね。

まとめ

今回は仮想通貨をする上で必要となるツール、ローソク足について紹介しました。

  • ローソク足の見方は陽線と陰線がある
  • ローソク足の「上昇のサイン」と「下降のサイン」を見極める
  • 出来高をチェックすることで売買の活発さがわかる
  • トレンドを把握して全体の動きをつかむ

また、チャートの価格の上昇・下降のサインを見極める方法も以下の記事で紹介しているので参考にしてください。

[kanren postid=823 ]

ローソク足の見方を知っておくことで今後の相場の見え方もわかってくるので是非活用するようにしましょう。