仮想通貨のチャートで価格の上昇と下降のサインを見極めて一攫千金を狙おう!

前回、仮想通貨において、上昇トレンド、下降トレンドと言う大きな流れがあることを紹介しました。

[kanren postid=835 ]

チャートはこれらの転換のサインと言うものがあります。
これらはあくまで自然発生的に生まれるものであり、必ずしも予想通りに動くとは限りません。

しかし、これから紹介するチャートを見てもわかるように、ダブルボトムからの上昇トレンドや、下落と言ったパターンはよく見られるので今回の記事を参考にしてくださいね。

仮想通貨のチャート6つのパターンで全体で抑える!

チャートでは上げ・下げのサインを見極めることができればその後の流れに乗ることができるようになります。
また、このようなサインはとても有名なものなので、多くの人がサインを読み取って同じように動いてトレンドを形成します。

しかし、この一方でサインをわかりづらくさせているのが「だまし」とよなれる突発的な現象です。
こればかりはある程度経験を積んでいても間違えやすいので、何度も失敗を繰り返して学んでいくしか方法はないですね。

仮想通貨の場合、FXや株のようなきれいなチャートにならないことが多いですし、さらにチャートやサインをわかりづらくさせています。
使っている取引所のチャートだけでなく、他の取引所のチャートも参考にすることも大切です。

それではいかに価格が上昇・下落するサインをまとめたので参考にしてください。

価格が上昇するサイン


ダブルボトムは二重底、二点底ともいわれています。
チャート分析では、かなり定石のものですが、1分足はもちろん、5分足、15分足で見てもこの形から価格が上昇となることが多いです。


ネットラインに対し、2階天井を付け、谷が3つできる形を「逆三尊底」と言います。
これは2つの谷が大きのが特徴で、ネックラインに対して3回目のトライで突破することはよく見られる動きです。

価格が下降するサイン


ダブルボトムを反転させたような形を「ダブルトップ」と言います。
いったん上昇に転じた後、反発して下落します。しかし買いが弱いために再び下落しています。
その後は下落していく可能性は高いです。


三体の仏を表す配置のように見えることから付けられた形で「三尊天井」と言われます。

2つの山が高いのが特徴で形によってはダブルボトムと似たような形になるので、その見極め方が重要となります。

トレンド時の注意ポイント

上昇トレンドや下降トレンドのほかにも「レンジトレンド」と言うものがあります。
上下にラインがあるかのように、その中で価格変動を繰り返す現象です。


上昇トレンド、下降トレンド、レンジトレンドの中でも突発的にラインから外れることがあります。
これを「だまし」と言います。

この現象は突発的な現象で、経験を積んでもなかなか見分けることが難しいです。
チャートを見るときにはこのようなこともあるので注意が必要です。

まとめ

仮想通貨で価格の上昇・下落を見極めるサインを見極めることは経験が必要です。
以下をしっかりと頭に入れておきましょう。

  • 価格が上昇するサインは「ダブルボトム」と「逆三尊底」
  • 価格が下落するサインは「ダブルトップ」と「三尊天井」
  • 上昇・下降トレンド以外にも「レンジトレンド」がある
  • チャートには突発的に発生する「だまし」があり、経験を積まないと見極めることが難しい

以上で仮想通貨のチャートの上昇・下降のサインのまとめを紹介しました。